ROVOとブリーチオーバーオール

9月は秋といいますが、夏でいいのではと思っています。

3月は春というけど寒いし、9月は秋というけど暑いし、もう自分で決めた方がいいな。

というわけでまだ夏なので、熱い音楽を。



ROVOです。 サイコーです!

人力トランスとか言われてますが、いわゆる打ち込みのトランスとは大分違う印象です。

曲にもよりますが、大体1曲10分前後、ライブでは20分以上になることもありますね。

個人的に好きな感じの曲調のものはアップした動画のように、前半はゆるく始まり、少しずつ、グルーヴが出てきて、最後はカオスになる感じのもの。

上モノはエレキヴァイオリン、ギター、シンセで空間を作り、ベースとダブルドラムが複雑でグルーヴィーなリズムを作り出す。

3年くらいライブ見てないので、そろそろ見たいなあ。

今年はフェスにも行かなそうなので、来年は計画しようかな。

さてさて、真夏は短パンメインですが、9月であれば、夏後期(7月が前期、8月が中期)なので、
こんな感じでもいいかなと。



吉祥寺KOKOROで買ったオーバーオールです。

ブリーチな感じが空みたいで一目ぼれでした!

何でこんなブリーチになったのか不明ですが、狙ってやったわけじゃないと思ってます。

もちろん加工デニムとかでもないので、偶然の芸術だと思います。 素晴らしい!!

元々は、ツギハギがかっこいい感じになってる、ボロいオーバーオールを探してたんですが、
まさかこんなのに巡り合うとは。


ちなみにバンダナは神戸の古着屋で、バンダナ止めは神戸のKAPITAL(岡山のデニムブランドで新品です)で購入。 Tシャツは吉祥寺MINTで買ったミリタリーです。